2018年04月24日

オークスに向けて新星が誕生!

オークストライアルのフローラステークス(1、2着馬はオークスへの優先出走権)
において、デムーロ騎乗のサトノワルキューレがクビ差で勝ちました。

着差はクビ差でしたが、内容的には圧勝の部類でした。
16頭立てを最後方から進み、4角でも最後方。
スローペースで先行馬に有利な流れ(2、3着馬は先行馬)を外から差し切り勝ち。
1頭だけ次元の違う脚でした。

サトノワルキューレは芝2400mを2回使っていて、オークス狙いは明白です。
オークスでも人気になりそうです。
多分2番人気かな。私のいい加減な単勝オッズ予想では
1番人気 アーモンドアイ 2.5〜3.0倍
2番人気 サトノワルキューレ 3.0〜3.5倍
3番人気 ラッキーライラック 5.0〜6.0倍
ぐらいかな。他は10倍以上でしょう。

アーモンドアイは、勝った桜花賞から800m伸びる初距離で、あの豪脚が使える
のかという問題はありそうです。
父がロードカナロアなので、距離不安があります。
皐月賞(芝2000m)では同じロードカナロア産駒のステルヴィオが、ちょっと距離
不安を感じさせるレース振りでしたから。
ローテーション的には、桜花賞組がフローラステークス組より余裕があります。

サトノワルキューレの不安は、デビュー以来、馬体重が減り続けている点です。
462kg(デビュー戦)→456kg→450kg→446kg(今回)
オークスまで1ヶ月、これ以上減るのは不安材料です。
馬体減を恐れて、調教を控えるのも能力発揮にはマイナスです。
追い切り、当日の馬体重、パドックの様子まで注目したいと思います。
距離適性は、有力馬の中で一番ありそうですが。

迷うけれど、今のところはアーモンドアイの予定です。予定は未定(笑)。
posted by さじたりうす at 00:01| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

何だって?!

P.A.WORKSが、『P.A.BOOKS』(ピーエーブックス)という電子書籍部門を作りました。
その第1弾が「true tears」で「TARI TARI」も続くそうです。
うーん、微妙な気持ちです。

「true tears」も「TARI TARI」も美しく完結した物語でした。
それに、今さら何を付け加えるのでしょうか。
しかも、「true tears」なんて、放送から10年経っています。
良い作品というのは、ラストシーンに余韻が残る作品だと思ってます。
別の言い方をすれば、観る(読む)人によって色々な可能性を感じる余地がある作品です。

今回の件は、コミケの2次創作じゃあるまいし、何をやっているんだという気持ちです。
もちろん、続編を期待しているファンもいるでしょう。
その気持ちを否定する気はありません。
あくまで、私の気持ちです。

「TARI TARI」の続編の作者が、橋本昌和さんなのは気になります。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | あやひー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

「しーにゃんにゃん」から9年か。

2009年4月22日にスフィアの1stシングル「Future Stream」が発売されました。
Future Stream」発売9周年、おめでとうございます。
20170422A.JPG
20170422B.JPG

スフィアの皆さんが発売日を「しーにゃんにゃん」と語っていたのが懐かしいです。
スフィアが長く続く事は予感していましたが、9周年の年を、このような形で迎える
とは、流石に思い浮かばなかったなぁ。

まぁ、来年の今頃はシングルかアルバムが出ていて、ツアーの話題で盛り上がって
いるのかな。そうであって欲しいです。
それにしても、敢えて「音楽活動休止期間」と書きますが、プラスフィを聴いて
いても、自分達から休止を言い出したとは、とても思えない雰囲気です(笑)。
むしろ、「音楽活動したい」という気持を感じるのは、私だけ?

充電と言いながら、ソロ活動をバンバン入れてもいいの?
充電って、もっと自分を見つめる期間じゃなかったの?
今のところ、そういう時間がありそうなのは、豊崎愛生さんだけみたいな感じです。
それも、今年の後半はどうなるのか、分かりませんが。
スフィアの音楽活動とソロの音楽活動だって、無関係では無いとか言い出すと話は
ややこしくなるか(笑)。

こんな事を考えながら10周年を待つのも、結構憂鬱なんだよ(笑)。
posted by さじたりうす at 00:01| Comment(0) | スフィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

ミューレの新卒24歳マネージャーさんとは?

先日の「あしたも晴レルヤ」で、あやひーが言ってました。
 「この4月から入った新卒のマネージャーさんがいるんだけど・・・・・・・・・
  一人暮らしですか?あっ、24ね。24歳一人暮らし、偉いね〜(笑)」
このくだけた言い方からは、マネージャーさんは女性かな。

ところで、私が気になるのは、この新人さんが正社員なのか契約社員なのかです。
時期や年齢から見ると、正社員の可能性が高いと思われます。
以前、ミューレは契約社員のマネージャーを募集してたから油断出来ないけど(笑)。

やっぱり、正社員の方がモチベーションも上がると思います。
雇用の安定性、給与が上がるシステム、福利厚生の充実など全然違うでしょうし。
宮本さん、中林さんはともかく、それ以降のマネージャーさんに関しては正社員
かどうかは不明でした。

ファンから見れば、軽い気持ちでやってもらいたくない仕事ですからね。
考えたくはないけど、企業秘密(スフィアメンバーのプライバシーとか)の漏洩の
心配が無いとも言えません。
なので、個人的には、正社員の方が嬉しいです。

それにしても、ミューレのマネージャー体制は充実しているようで何よりです。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | ミューレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

Webラジオ Pl@net Sphere(2018-04-18)#458

マジカルスフィアのラストワードは「いちご」
ハルカス「マジカルスフィア、スフィアと言ったら、ピンクの人がいる」
あきぽん「ピンクの人がいると言ったら、ピンク可愛い」
みなちゃん「ピンク可愛いと言ったら、甘〜い」
あやひー「甘〜いと言ったら、いちご」
成功判定でした。
更新日は、特に何もなく季節的に苺らしい。
ひとしきり、苺柄の服の話題など。
パイナップル、バナナ、メロン柄からの桃エロいとか、話がとっ散らかる。

メール紹介。長文の結婚報告メール。
4/22が近いので「Future Stream」が流れました。

「プラネットメモリーズ」は、「4人でワードリレーチャレンジ、エキスパート」
しり取りで引いたカードの文字をラストになるように。最初の人だけは頭文字で。
1人30秒以内で4回やる。1回だけ成功。
省略です。
声優さんに語彙力を求めてもねぇ・・・。

「Pl@net Sphere定点観測」
いつものお知らせ。

これからも毎回、思わせ振りな10周年企画を語るのかな。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | プラネットスフィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

「親子で楽しむはじめての将棋」という本が、ちょっとアレな件。

2018年4月18日発売です。藤田 綾女流二段が書いた将棋の超入門本です。
駒の動かし方から解説している本なので、私向きではありません。
なので、読んでませんが、内容については分かりやすい本なのでしょう。
何しろ、将棋のNHK杯戦で、聞き手として定評のある藤田女流ですから。
これから将棋を覚えたい人にはお薦めです。

さて、本題はここからです(笑)。
藤田女流は、ネットでの中継でも登場します。
そこで時々絵を描いて評判です、「画伯」として。
例えば、藤田画伯の描いた「ニワトリ」です。
20180418藤田綾画伯1.jpg

そんな藤田画伯は、先程の本でも駒の特徴を動物に例えるという事で、絵を描いて
います。
「香はイノシシ」「銀はハリネズミ」「飛車はチーター」と紹介文で謳っています。
表紙に、その絵があります。
20180418藤田綾画伯2.jpg

駒の働きと動物の特徴を結び付けてるんでしょうが、「銀はハリネズミ」というの
がよく分かりません。銀が横や真後ろに動けないという説明になってません。
それに、絵が微妙です。微妙ですが、微笑ましい気もします。
子供が喜ぶのかは不明ですが、少なくともトラウマにはならないでしょう。
小林ゆう画伯みたいに狂気を感じる絵は危険ですが。

そんな訳で、他の駒の絵も見てみたいです(笑)。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

TVドラマ『声ガール!』第1〜2話の印象。

戸松遥さんが本人役で出演している実写ドラマです。
ハルカスの実写出演は初めてではありませんが、「戸松遥本人役」は初めてです。
易しいのか難しいのか、よく分からない役ですが、ヒロインが困った時に、優しく
アドバイスするという、良き先輩声優役というお姉さんです。
今のところ(多分これからも)、大雑把でガサツな面は見せていません(笑)。
20180417声ガール1.JPG
20180417声ガール2.JPG

この作品を作るにあたって、実際に監督から声優業界について沢山聞かれて、
ハルカスの体験談もかなり反映されているそうです。
例えば、オーディションに落ちた作品のオンエアを観て「答え合わせ」するとか。

ただ話の展開の都合からか、誤解を招きそうなシーンもあると感じました。
ヒロインがスカウトされるとか、採用試験でいきなりアフレコとかは疑問でした。
他の応募者が、いくらかの経験者なのにヒロインだけが全くの未経験者というのは
ズバリ、ハルカスそのものですね。
ミューレの採用試験では、スフィアの他の3人は「演技や声のお仕事」の経験者でした。
この事務所の採用試験では、ヒロインが「千と千尋の神隠し」を一人で演じれば、
才能の片鱗を示せたかも。
あっ、それでは、本当にハルカスそのものになってしまうか(笑)。

一番疑問に思ったのは、ヒロインがいきなり作品のオーディション現場に放り込まれ
るシーンです。お芝居の基本を訓練される場面が、ほとんどありません。
一応、発声練習や台本読もみたいのはありましたが、現場での心得を指導される場面
も無し。あまりに個人任せは、ちょっと酷いぞミューレ(違)。
まぁ、そこを念入りに描写すると、ヒロインがオーディションに落ちまくる場面が
「本当に才能が無い」という印象になりかねませんからね。

実際のミューレでは、4人を個別に特訓するという他の事務所とは違う英才教育を
していたし、私が「ミューレ家の家訓」と呼ぶ心得を配っていました。
その中には「調子に乗ったら終わり」というのがあると、豊崎さんが語っています。

いずれにしても、ハルカスがどんなアドバイス(実体験がほとんどだろうし)するのか
非常に注目しています。
そして、声優という職業が正しく世間に理解される事になれば嬉しいですね。
私もほとんど知らないので、勉強になります。
ところで、ヒロイン役の福原遥さんは『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』の
メインキャラクター、まいんちゃんか。へぇ〜・・・。

鶴見辰吾が宮本さん役だな(違)。でも、そういう見方しか出来ません!
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

先週の「あしたも晴レルヤ」と「ココロ☆ハルカス」(2018年4月3週)

「晴レルヤ」(2018-04-11)#392
2018年6月30日(土)サイエンスホールでのイベントに触れる。
あやひー「えー、何します?何する?」
流石に、まだノープランか。きっとゲストは呼ぶんでしょうね。
「火曜日の夜」っていうのは、深夜0時までだろ。すごい違和感です。
どう考えても「水曜の夜中」だよ。これだから芸能界は・・・。
サイエンスホールの思い出も少し。

メール紹介色々。
スフィアライブBDの感想。
ソーダとサイダーの違い云々メールから
あやひー「あたし、家でお母さんにソーダ取ってきてもらう時に「サイダー下さいダー」
って言っちゃってるけど、あれサイダーじゃないね。じゃあ「そうだ、ソーダだった」
って言うわ」
まず、自分で取ってくるソーダ。過保護な32歳。

勘違いエピソードの話から
あやひー、GW(ゴールデンウィーク)をゴールドラッシュが盛んになる時期だと思ってた。
アメリカ被れも大概にせいよ(笑)。

「晴レルヤ ダジャレ道場」
今回のお題は「通貨」です。
@通貨の前を通過→17%
Aまーねー、通貨は大事っつーかー→41%
B届いたのは通貨の入った手紙2通か→15%
Cこの通貨、普通か〜→27%
リスナーのものはAだった。リスナーの勝ち。
通算あやひーの2勝3敗かな。

「ココロ☆ハルカス」(2018-04-15)#262
冒頭からお知らせがありました。
ココハルとラフラフの合同イベント開催。5年連続。
2018年7月7日(土)ニッショーホール。昼夜2回開催。

4月からの新生活関連の話題から、ハルカスの大学入学時にのエピソード
ハルカス「教科書配布の時に、私の前に並んだ女の子に勇気を持って声を掛けた訳よ、
ねぇねぇみたいな。「その教科書は同じクラスだね」って話しかけたら(笑)。その
友達とは今も親友だからね」
人見知りにしては大胆な行動。
以前は、目をつけた女子に「友達になって下さい!」と迫った話をしていましたが、
同じ人みたいですね。

メールからオムライスの話題。
チーズを大量に投入するハルカス。発酵食品大好きですからね。
卵料理の難しさについて語るハルカス。
ハルカス「難しくない?火加減、なんか、ちょっと放置するとさぁ、すぐ火通っ
ちゃうじゃない」
放置するなよ(笑)。それが原因だよ。

「レンタル趣味レーション」は「サッカー」
基本問題が5問。
ハットトリック(馬じゃないよ)も知らないようでは・・・。
という訳で全滅でした。

ハルカス、イナイレに出演しているけど、あれはサッカーアニメではないし(笑)。

2018年04月16日

皐月賞のオウケンムーンは惨敗でした・・・。

あまりに負け過ぎたので、残念でしたが悔しさが湧いてきません。
まず、パドックでの発汗やイレ込みが目立ちました。
前走−10kgだったのが、今回更に−4kg減っていたのも、あんまりいい材料とは
思えませんでした。休み明けなのに、何やってるんだよ国枝さん(笑)。

いつも好スタートで良いポジションを取れる馬なのですが、今回は行き脚もつかず
1コーナーでは後ろから2番目でした。
思うようにポジションを上げられなくて、4コーナーでは距離ロスを防ぐために、
最内を突きましたが、昨日から内側は全く伸びない馬場状態です。
道悪も上手くない印象です。

結局、全く伸びずに12着でした。
騎手や関係者のコメントがどうなのか、色々と気になります。
全く良い点が無かったので、この結果も仕方ありません。
まだまだ見限りませんよ(笑)。

ダービーでは立て直せるのか、あるいは父と同じ菊花賞で本領発揮なのか。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

勝ち馬を探せ!2018年皐月賞(G1)

☆皐月賞(中山・芝2000m)
3歳牡馬(牝馬も出走可能)によるクラシック第一冠のレースです。
去年は、共同通信杯組が好成績という近年のトレンドに乗ってスワーヴリチャード
を狙いました。
ところが、2番人気で6着と期待はずれでした。
まさか、阪神2000mで勝っているのに、右回り苦手とは思いませんでした。
楽なレースでは目立たない欠点も、目一杯のレースでは露呈してしまったようです。

さてそんな訳で、今年も懲りずにもう一回共同通信杯組を狙います(笑)。
◎オウケンムーン
マイナー種牡馬オウケンブルースリ(菊花賞馬)の仔なので、勝っても勝っても人気に
なりません。
オウケンブルースリの去年の産駒は1頭だけらしいのですが、こういう種牡馬の子供の
活躍は痛快です。

強敵とは戦っていないという面はありますが、3連勝中の中身は非常に濃いです。
未勝利戦→直線だけで1秒ちぎる。
500万下→初の右回り坂のあるコースを難なく克服。
重賞→抜け出してからの脚が抜群。初めてゴールまで追われる。
つまり、まだ底を見せていないので楽しみは大きいです。

ところで、オウケンムーンの写真がかなり衝撃でした。
胴が短くて、首も短くて立ち気味です。それに比べると脚は長いかな。
だから、妙なバランスに見えます。父オウケンブルースリに似ているらしいです。
正直、とても走る馬には見えません(笑)。
実は、この馬はレース中首が高く、折り合いを欠いて見えるシーンが多くて気に
なっていました。騎手も手綱を短く必死にしごいている感じが、何だか山本菅助
とマキバオーみたいです。馬の写真を見て納得しました(笑)。

マキバオーの父はタマーキン(モデルはトニービンか)ですが、オウケンムーンの
父系にもトニービンがいるのは何の偶然でしょうか。
ミドリマキバオーは皐月賞2着でしたが、今回はカスケード(ダノンプレミアム)が
不在ですからね。頑張れマキバオー、じゃなくて頑張れオウケンムーン!!

道悪が濃厚ですが、どの馬が道悪得意かは、まだ不明な部分が多そうです。
オウケンムーンも血統的には苦にしないと思います。
調教VTRを見た限りでは、タイムフライヤーがかき込むようなフットワークで、道悪
は鬼の部類だと思います。ただ1枠1番はマイナスです。
馬場の内側が特に悪化しそうなので、道悪巧者でも苦しいと思います。
時計の掛かった不良馬場の新馬戦を勝ったグレイルも上手ですが、坂のあるコース
に実績が無い点が不安です。

オウケンムーンの単勝がメインで、後は3連単をテキトーに買う予定です。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

コミケ94(夏コミ)のネタを何にしようか。

先日、「コミックマーケット94」受付確認メール というのが来ました。
これは当落通知でありません。
2月8日がサークル申し込み期限だったコミケですが、参加申し込みを受理した
というコミックマーケット準備会からのお知らせでした。

当落通知は6月なのですが、当選を前提に考えておかないと苦労します。
正直、もうネタはありません(笑)。
毎回同じ事を言ってる気もしますが、毎回同じ気持ちです。
スフィア関連の資料はかなり漁り尽くしたし、後は本人達のインタビューでも
やらないと、本当に知りたい事は解明出来ない感じです。

前回「スフィアの彼方へ」を書く過程で気になったのは、スフィア結成5年目
ぐらいの時に「解散の危機」みたいなのがあったという話です。
それが、どの程度のリアリティがあったのかは疑問ですが、その当時の彼女達
の発言にその予兆があったのかは調べたいと思います。

そこを突破口にして、スフィアについての新しい視点を書けたらいいな。
posted by さじたりうす at 00:06| Comment(0) | コミックマーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

Webラジオ Pl@net Sphere(2018-04-11)#457

マジカルスフィアのラストワードは「ガッツポーズ」
あやひー「マジカルスフィア、スフィアと言ったら、元気」
ハルカス「元気と言ったら、動きが大きい」
あきぽん「動きが大きいと言ったら、格闘技」
みなちゃん「格闘技と言ったら、ガッツポーズ」
成功判定でした。
更新日は、ガッツ石松が初めてガッツポーズを見せた日、という下らないもの。

マジカルスフィアは変な声色での小芝居でしたが
あやひー「何とPl@net Sphere、今日は459回目、459地獄の回です(笑)」
みなちゃん「あきちゃんがサラッと「地獄じゃん」って言ってたけど(笑)」
あきぽん「そんなに広がるとは思わなかった」
ところが、配信サイトの表記は第457回という間抜けさ。
回数は重要でしょ。早く何とかしてよ。

近況報告。
スフィアは3月末に会ってから2週間振りの集合とか。
つまり、プラスフィは2週間に1回の2本録りだという事を再確認。
みなちゃんは、ロスアンゼルスに行ってた。ひたすらダンスレッスンだったそう
です。
あやひーは、3泊5日のニューヨーク行き。
ミュージカル4本観賞。ミュージカル「スポンジボブ」を熱く語るあやひー。
地下鉄を逆方向に乗って焦るあやひー。
ハルカスは、その期間はお仕事に忙しかった模様。
何故か、あきぽんの近況は語らず。

メール紹介色々。たった3通だけど。
ドイツからのメール、ライブは行けないけど映像を全部買ってる人。
10周年に向けては
あきぽん「着々と準備を進めています」
みなちゃん「形にしていける段階に・・・」
あきぽん「何か見えてきたというか、あるよね」
相変わらずの思わせぶり(笑)。

「Pl@net Sphere定点観測」
いつものお知らせ。
ミュージカル「ひめゆり」に触れて
あやひー「高垣、初ミュージカル主演となります」
今までは、メインキャストだけど主演ではないという認識なのか。

語られなかった豊崎さんの近況が気になります。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | プラネットスフィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

TVアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」第3話。

これは、ちょっとツボッたなぁ(笑)。
展開が早いというか軽いんだけど、競馬ファンには面白い話でした。

ヒロインのスペシャルウィークは弥生賞(G2)に臨みます。
そこまで無敗みたいな描き方ですが、実際は2戦目に負けて3戦目のきさらぎ賞(G3)
に勝っています。
アニメでは三冠(皐月賞→ダービー→菊花賞)路線を強調しているので、直接関係ない
エピソードはスルーのようです。

さて、弥生賞ではスペシャルウィークは競馬史の通りに、逃げたセイウンスカイを
差し切って勝利します。
そして、目標の皐月賞ですが、追い込んで届かずの3着でした。
この弥生賞後から皐月賞までの描き方が秀逸でした。
競馬ファンにはタマランチ会長(古!)ですわ(笑)。

まず、負けた直後のセイウンスカイの「ふーん、なるほどね」という呟き。
これは、逃げて負けた事からの戦術転換を伺わせています。
実際の競馬史では、皐月賞では逃げずに2番手から抜け出して勝っています。
アニメでも逃げずに(何番手かは不明ですが)直線で先頭に立っています。
極めつけは、弥生賞後の勝利祝賀パーティーでのスペシャルウィークの大食いぶり。
腹回りも太くなっていました。これが伏線です。
ここで、ピンときましたよ(笑)。
20180411ウマ娘の第3話A.JPG

実際の競馬史では、スペシャルウィークは皐月賞で3着なんですが、敗因の一つは
弥生賞から馬体重が+10kgという太目残りと言われています。
太目残りでは、追込み不発だった訳です。競馬ではよくある話です。
順調に使っていて、短期間の+10kgは成長分か太目残りですが、スペシャルウィーク
の場合は太目残りだったと思います。
何故なら、皐月賞の次のダービーは、皐月賞から−8kgで快勝しているからです。
アニメでは、服のファスナーが閉まらない場面が2回あって太目残りを暗示。
思わず、ニヤッとしてしまいました。やたら芸が細かいですなぁ。
20180411ウマ娘の第3話B.JPG

このアニメは競馬好きが観れば、何倍も面白いです。いや、競馬好きこそ観るべき。
posted by さじたりうす at 00:01| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

渡辺明棋王の憂鬱。

発売中の雑誌「将棋世界」2018年5月号に興味深い記事があります。
棋王戦第3局(渡辺棋王が勝って2勝1敗)直後のインタビューです。
帰りの新幹線の中だったとか。
その中では、渡辺棋王のA級陥落の話題があったそうです。
A級在位は連続8期だったのですが、今回の陥落は将棋ファンには予想外でした。
確かに1度も名人挑戦はなかったけど、毎年勝ち越して抜群の安定感がありましたから。

そして今後についての発言が衝撃でした。
「客観的に見て、もう自分が名人戦に出るとは思えません」
「A級に復帰することはあると思うけど、やはり一度落ちた棋士が名人戦に出る
 ことは難しいのでは。それならもっと早くに挑戦しているでしょう、という
 理屈になりますよね」

超合理主義の渡辺棋王らしい発言だとは思います。
しかし、「客観的に見て」というのは渡辺棋王の主観に過ぎません。
確かに現在は苦労している状況ですが、33歳は老け込む年齢ではありません。
手が早く見える天才は、諦めも早いようです(笑)。

渡辺棋王は実績では、羽生竜王に次いで現役第2位の棋士です。
羽生竜王だって47歳で名人挑戦なのですから、渡辺棋王には復活して名人になって
頂きたいと思っています。それだけの実力はある棋士です。

まごまごしていると、藤井聡太六段(15)が天下統一しそうだしね(笑)。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

先週の「あしたも晴レルヤ」と「ココロ☆ハルカス」(2018年4月2週)

「晴レルヤ」(2018-04-04)#391
曜日変更後最初の放送です。
あやひー「何と皆様に、素敵なお知らせが二つあるよ!」
2つとな。
あやひー「何と「高垣彩陽のあしたも晴レルヤ」、公開イベントの開催が決定
しました!やったー!めでたい!」
2018年6月30日(土)サイエンスホールで2回開催。
セカショフェスで販売される、宮古島ロケCD・DVDに応募券が封入されている。
2014年以来の「晴レルヤ」イベントらしいです。
二つ目は、番組公式HPの誕生。

メール紹介色々。
「おやべメルヘンパーティー」の感想メール。
今回は富山県のリスナー優先の模様。
あやひーはオファーがとても嬉しかったようです。
あやひー「ホントに素敵なホールで、とっても音の響きが良くて、歌ってても気持が
いいステージだったので」
ステージから見て、ご近所の方もいたようです。ご近所の方って(笑)。

みのりん朗読劇の感想メール。
あやひー「朗読劇は色んな手法があるので、どういった物をみのりんが作りたくて、
どういった物をこのメンバーで作れるのか、というのをかなり話し合ったり吟味
したりとかして、やってきたお稽古だったので、無事に終わって良かったなという
気持です」
へぇ〜。みのりんの意図をかなり追及(?)したようです。
今回の朗読劇が「コメディ要素が強くてイベント寄り」という総括が興味深いです。

「あやひとりぐらし」は「便利な100円グッズ」
これは珍しく一人暮らしに合うテーマだな(笑)。
あやひーも、プレ一人暮らしでかなり利用したそうです。
グッズの使い方を当てる。
省略です。
5問中3問正解。貯金は2500円に。

「ココロ☆ハルカス」(2018-04-08)#261
ハルカス「ココハルがこの4月で祝5周年なんですよ。もう凄くない?おめでとう
ココハル、ホントに」
スフィアの皆さんのラジオが続いていて何よりです。
ハルカス「むしろ、ここまで来たらココハルも10周年イベントやりましょうよ、
ぐらいの勢いでね、引き続きラジオやっていきたいと思います」
10周年大丈夫でしょう。

当日やったハルカスのLINE LIVEのお話。
ツアーの発表がありました。正式名称は
「LAWSON presents 戸松遥 5th Live tour 2018 〜COLORFUL GIFT to YOU〜」
相変わらず無駄に長いです。ハルカスが考えたタイトル(後半は)だそうです。
『声ガール!』のオンエアを楽しみにしているハルカス。

メール紹介色々。
アルバム関連のメールから
ハルカス「この1ヶ月は戸祭りですよ(笑)」
わぁ、懐かしい言葉だ。
【と】戸祭り(とまつり):戸松遥さん関連の出来事が多いことを祭りに
   例えた言葉。
   「いやぁ戸祭りだね本当☆←帰れ」(2008-09-14)
   「喜多村市立竹本学園」(2009-03-06)でも発言。 
「私家版トマツハルカ辞典」より。
私も昔はこんな事をやっていたな。

アルバムリード曲「オレンジレボリューション」が流れました。

「ココハル なぞなぞ道場」
省略です。
でも「陸上競技場にいつもある車とは?」
答え→トラック が出来なかったのは如何なものか。
何故なら、Webラジオ Pl@net Sphere(2017-11-15)#436で同じ問題があったから
です。因みに、その時に正解したのは、あやひーだった(笑)。

LINE LIVEでは、ハルカスの目玉ひんむいた顔と、チョコの箱を雑に開けたのがww。

2018年04月09日

桜花賞は楽勝やで(笑)。

普通に走れば◎アーモンドアイが2馬身離して勝つと思ってました。
パドックを見ても、ちゃんと仕上がっていたし落ち着きもあって一安心。
馬券は昼頃に買っていたので、後はレースを見るだけでした。

レースは平均ペースで流れたので、○ラッキーライラックには理想的でした。
それを大外から1馬身3/4ぶち抜くんですから、アーモンドアイは化物です。
上がり3Fタイムは他馬より1秒以上速いという桁違いの末脚でした。
20180408桜花賞1.JPG
20180408桜花賞2.JPG

とにかく単勝を取ったので満足です。競馬は1着を当てないとね!
3連単はオッズを全然見なかったら、トリガミになってました(泣)。

オークスも◎アーモンドアイですが、今度は3連単でも儲けます。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

勝ち馬を探せ!2018年桜花賞(G1)

☆桜花賞(阪神・芝1600m)
3歳牝馬によるクラシック第一冠のレースです。
○ラッキーライラック
 4戦4勝で前哨戦のチューリップ賞にも勝ち、芝1600mで4連勝。
 死角は無いようにも思えますが、圧倒的に強いという印象はありません。
 好位からの抜け出しはレース巧者という感じがします。
 1枠1番は最短距離を通れるので、普通は有利ですが、圧倒的な人気馬なので
 包まれて脚を余して負けるのが怖い筈です。
 だから、前々で競馬をすると思いますが、ハイペースになった時が不安かも。

◎アーモンドアイ
 そのハイペースに期待して本命はこの馬です(笑)。
 前2走の末脚が桁違いです。
 特に前走のシンザン記念は、牡馬相手で道悪のスローな流れを最後方から差し
 切るという豪快な勝ち方でした。エンジンがかかってからの末脚は凄いです。
 流石にスローペースでは、この頭数で外を回っての追込みは辛いかな。

13番の単勝と3連単1着固定で相手は01、03、04、05、09、15、16、17を予定。 
続きを読む
posted by さじたりうす at 00:03| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

TVアニメ「銀河英雄伝説」が楽しみ。

かつて、OVA作品を中心に作られたアニメ「銀河英雄伝説」のリメイク版のTV放送
が始まりました。
元々は田中芳樹さんによるSF小説ですが、アニメ化されて時々地上波やケーブル
テレビなどで放送されています。

一言で言うなら「宇宙を舞台にした三国志演義」でしょうか。
自由惑星同盟と銀河帝国が宇宙を舞台に戦い続けるというお話です。
巨大な宇宙戦艦や宇宙要塞は登場しますが、突拍子もない超兵器や超能力は登場
しません。
自由惑星同盟のヤン・ウェンリーは諸葛孔明、銀河帝国のラインハルト・フォン・
ローエングラムを曹操と考えると、非常に分かりやすいです。
あるいは、「腐った民主主義」と「善良な独裁」の対立でもあります。

この作品の魅力は、登場人物の個性が際立っている事です。
主役はもちろん、脇役にも魅力的な人物が多いです。
三国志演義では、曹操側の武将達に魅力的な人物が多いと思ってますが、「銀英伝」
でも銀河帝国側に個性的な人達が多い印象でした、旧作では。

さて、新作の第1話を観た印象では、ジークフリード・キルヒアイスの見た目が旧作
と違い過ぎますが、今のところセリフとの違和感はありません。
思わずニヤリとしたのが、声優・石塚運昇さんの使い方です。
石塚さんは、旧作では自由惑星同盟の怪物政治家、ヨブ・トリューニヒトを演じて
いましたが、本作では銀河帝国から自由惑星同盟に亡命したメルカッツ提督を演じ
ています。この二人は、人間性が正反対なんですよ(笑)。
他にもそういう起用があるかも知れません。それを探す楽しみもありますね。

第1話と第2話のタイトルは旧作と同じですが、OVAの第12話分まで放送の模様。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

Webラジオ Pl@net Sphere(2018-04-04)#456

マジカルスフィアのラストワードは「1年生」
みなちゃん「マジカルスフィア、スフィアと言ったら、友達」
あやひー「友達と言ったら、100人できるかなあ」
ハルカス「100人できるかなあと言ったら、富士山の上でおむすび食べるんだよ」
あきぽん「富士山の上でおむすび食べるんだよと言ったら、1年生」
成功判定でした。
ハルカス、童謡を思い出し成功。
今週から、プラスフィの配信場所がスフィアポータルサイトに変更。

メール紹介色々。
「レアな体験をした事はありますか?」
ハルカス「我々がやってる訳じゃないけど、会場見学ってそうだよね」
10人限定のあれか。
あきぽん「みなちゃんと、USJに仕事で行った時に、裏の動線を通った時にエルモさん
いたよね(笑)」
みなちゃん「そうだ、いたね!(笑)」
それより、何の仕事だったのかが気になる。
あやひーは、ディズニーのホーンテッドマンションから徒歩で脱出経験。

「スフィアみたいに大人の女性になるために?」
あやひー「スキンケアはすごく大事。早ければ早いほどいい」
実体験なのか。
あやひー「そして一つ言わせてもらうとですね、大人はいやでも大人になります。
だから、焦らなくてもいいと思う」
何があったんだ、あやひー。
あやひー、20歳過ぎに高校生に間違われて喜んだ過去が。
ハルカス「20歳の人でも高校生に間違われて嬉しいんだと思った(笑)」
因みにその時のハルカスは、リアル高校生。
ハルカス「中身よ、最後は」
見た目ではない説。正しいけど、ハルカスには当てはまってない模様。
収録中に、まさかのパイプ椅子に体育座り(笑)。
みなちゃん「10代の頃に、可愛いって言われたかったよ(笑)」
大人っぽい、としか言われなかった。
みなちゃん「経験が大人にしていくんじゃないかな」
色々トライしてみる説。
あやひー「自分を愛して欲しい」
そこから、半熟女は何歳からと下らない話に(笑)。

「ランキングバトル」は「スフィアの4人に観て欲しい映画と言えば」
 1位 スター・ウォーズ(シリーズ)
 2位 ハイスクール・ミュージカル
 3位 ?→レ・ミゼラブル
 4位 セックス・アンド・ザ・シティ
 5位 ?→ジョーズ
 6位 グレイテスト・ショーマン
 7位 ?→101
 8位 スクリーム
 9位 オリエント急行殺人事件
 10位 タイタニック
1人1回の予想、ヒントは擬音。ランクインで2P、順位まで当てると+2P。
ハル・あきが完全正解。
みな2P、あや3P、はる7P、あき8Pとなりました。

「Pl@net Sphere定点観測」
いつものお知らせ。

昔、スフィアとマネージャーさんで「映画を観る会」をやってたそうです。
posted by さじたりうす at 00:02| Comment(0) | プラネットスフィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

TVアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」は微妙な感じ。

競馬好きのオッサン達が作ったアニメ(推測)。
元々はスマホのゲームアプリで、それをコミックやアニメに展開するらしいです。

ウマ娘とは、サラブレッド(競走馬)を擬人化、というか女性化した存在で耳と尻尾
が付いているので普通の人間と区別出来ます。
そしてウマ娘達が、実際の競馬のようにG1を目指すというストーリーです。
ウマ娘には、実在のサラブレッドの名前が付いています。
これが私のような競馬好きには、ウケるか引っ掛かるんじゃないかな。
私の場合には、引っ掛かった(笑)。

ウマ娘が、そのサラブレッドの特徴をかなり忠実に再現しているのが問題かな。
例えば、サイレンススズカは逃げ脚質だし、つまり悲劇の将来が分かってしまう。
ヒロインらしいスペシャルウィークが、デビュー戦を右回りで勝つとか、キャリア
が実際のスペシャルウィークに忠実です。
ハルウララが遅いのもリアル。実際に地方競馬で0勝だったし。

などと考えると、競馬を知らない人が観ても、さっぱりピーマンの気がします。
競馬ファンなら、思わずニヤリのシーンもあるでしょうけどね。
ところで、今村彩夏さんの役がステイゴールドではなくマヤノトップガンなのは
残念でした。

スフィアメンバーは出てないけど、とりあえずは観続けます。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする