2017年05月30日

「MUSIC THEATER 2017」(2017-05-27)

さいたまスーパーアリーナ 開場15:00 開演16:00
2日間公演の初日に行って来ました。
20170527MT1.JPG
20170527MT2.JPG

ソニー系のアーティストが、自分達が関係したアニメの曲を歌うというライブイベント。
観客席からは、ステージ上方にスクリーンが3つ見えます。
左と右にはアーティストが映り、真ん中のやや大きいスクリーンには関連アニメが映る。
真ん中のスクリーンには、時々アーティストも映る、というのが原則でした。

出演者(出演順)のみ記します。
01.LiSA
02.雨宮天(シークレットゲスト)
03.GARNiDELiA
04.ELISA
05.高垣彩陽
  @君がいる場所
  ANext Destination
06.さユり
07.三月のパンタシア
08.SawanoHiroyuki[nZk]
09.戸松遥
  @courage
  Amotto☆派手にね!
  BQ&A リサイタル!
10.FLOW
(15分休憩)
11.シド
12.綾野ましろ
13.Aimer
14.CHiCO with HoneyWorks
15.EGOIST(シークレットゲスト)
16.春奈るな
17.TrySail
18.ClariS×GARNiDELiA
19.ClariS
20.Kalafina
21.T.M.Revolution(シークレットゲスト)

オフィシャルレポとセットリストが発表されています。初日は53曲だった模様。
以下は、個人的な注目点です。

「君がいる場所」を歌った後
あやひー「皆さん、こんばんは!〜、高垣彩陽です。今日は、このアニメ、そして音楽の
コラボレーション。こんな素敵なステージに参加させて頂いて、本当に幸せです、あり
がとうございます。えー、初めましての方もいらっしゃるかも知れないんですけど、私は
ですね、歌も歌わせて頂いているんですが、普段は声優として声を・・・やってます(笑)。
今歌わせて頂きましたのは、何と7年前の作品なんですけど『世紀末オカルト学院』という
作品で「君がいる場所」という曲を歌いました。えー、この作品はですね、「ソード
アート・オンライン」でお馴染みの 伊藤智彦監督の初の監督作品なんですね。そう
なんです。(スクリーンで)いきなり裸の男が降りてきてビックリしたと思うんですけど
もし、ちょっと気になったという方は、アニメの方も是非チェックしてみて下さい。
そして、ちょっと私ごとなんですけれども、8月にニューシングルをリリースしま〜す。
夏から放送になる『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』という第4期のエンディングテーマに
なるんですけど、是非聴いて頂けたらと思います。今日は、この次の曲は新曲ではない
んですけれども、この「戦姫絶唱シンフォギア」の2期のエンディングテーマでしたこの
曲を歌いたいと思います。『戦姫絶唱シンフォギアG』エンディングテーマ「Next
Destination」」
もちろん、あやひーが声優という事はあるけど、これほどアニメ作品や監督について
語る出演者はいませんでした。
イベントの趣旨を考えた発言は流石に真面目なあやひーです。
この発言から、2日目の曲(Rebirth-day)は簡単に分かりました(笑)。

さユりは良かったです。
曲も歌声も歌詞も、危うさと鋭利な刃物を感じさせました。
小さな体でアコギを抱えて歌うスタイルも新鮮。しかも、裸足だし(笑)。
余計なバックバンドの音は不要だと思いました。

「courage」を歌った後
ハルカス「皆さん、こんばんは、戸松遥で〜す!皆さん、楽しんでますか?!私は今回
初めて参加させて頂いて、アニメの主題歌と映像と一緒に楽しめるライブイベントという
事で、出番まで一観客として楽しませて頂いていました(笑)。あの、出演していた自分の
・・・あの戸松さん、声優なんですけど、自分の出演していた作品の主題歌だったりを聴けて
とっても嬉しいなって思って、私自身、こういう馬に歌う側として立たせて頂けて、とても
嬉しいです。楽しいひと時を今日は過ごしていけたらなと思います。よろしくお願いします」
「motto☆派手にね!」について「今日限りの曲」と言ったので、これが2日目は別の曲になる
と分かりました(笑)。
ハルカスの振りが、スクリーンのナギ様と完全にシンクロして凄い。

シド目当ての女性観客。ピンク系の衣装で目立つけれど、シドまでは着席して静かでした。
シドの時だけ立ち上がって、踊り狂ってました。周囲は、ちょっと引いてましたが。
そして、シドが終わったらいなくなってました(笑)。

TrySailの白い衣装を見ていると「Future Stream」を思い出します。
TrySail、若いなぁ。スフィアは・・・大人になりました。

Kalafinaの歌唱力が桁違いです。歌唱力に曲が追い付かないレベルです。
こういう印象を持ったのは、他にはあやひーぐらいです。あっ、今日ではないよ。
そして、もの凄い存在感がありました。オペラを歌ってもらいたいと思いました。

TrySailが出演して、スフィアが出演しなかったのが最大の謎というか疑問です。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

2017年ダービー、やっぱり負けました。

8Rの芝2400m(1000万条件)で、2.23.8という速いタイムだったし、馬場の真ん中が
伸びる展開。大外は厳しいと考えました。
なので、2枠4番スワーヴリチャードを狙う事にしました。3人気なので3連単1着固定で。
ところが、馬体重を知るとスワーヴリチャードは−12kgと大幅減少です。
普通は、順調に使っている馬の大幅な馬体重増減は、あんまり良くないです。
この馬は、木曜の調教から比べると−20kgにもなります。不安です。

テレビのパドック中継を見ると、スワーヴリチャードの馬体は悪くないけど、スッキリ
し過ぎている印象はありました。レイデオロは、やや興奮気味かな。
ペルシアンナイトは可もなく不可もなく。
アドミラブルが良く見えたし、キツいローテーションでも馬体重は+4kgと疲労も無し。
色々考えていた事を白紙にして、アドミラブルにしてしまいました(笑)。
大外8枠18番は、騎手のデムーロが早めに動けば何とかなると。
・・・何とかしたのは、レイデオロのルメール騎手の方だった。神がかっていました。

結果
1着レイデオロ(2番人気)
2着スワーヴリチャード(3番人気)
3着アドミラブル(1番人気)
3連単の1着固定だったので、狙う馬を変えても無意味でした(笑)。

しかしですよ奥さん!
出走馬18頭のうち、昨日取り上げた4頭が1着〜3着の3頭って凄くないですか?
まぁ、人気馬ですけどね。4頭を3連単のBOX(24点)で買っとけば楽勝でした。
いや、それが買えないのが競馬というか、馬券心理だけど(笑)。
いずれにしても、私は悪くなかったというか正しかったのだ!
ちょっと、何言ってるのか分からない。

最終の目黒記念も4着馬を買うという失態を演じましたが、安田記念は頑張る所存です。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

勝ち馬を探せ!2017年ダービー編。

「5日前予想」で、アドミラブルを狙いたいと書きましたが、気になる点もあります。
2010年に青葉賞を勝ったペルーサという馬がいます。
この馬は、デビューから3連勝で青葉賞に臨み2着に0.7秒差をつけて楽勝。
デビューから無敗の4連勝で、タイム(2.24.3)も速かったのです。
つまり、ペルーサは青葉賞で2着に0.4秒差のタイム(2.23.6)で勝って通算4戦3勝の
アドミラブルと同等の評価が出来ると思われます。

ところが、ペルーサはダービーで2番人気の6着と負けました。
タイムは、2.27.4で青葉賞を走った時よりも3.1秒も遅かったのです。
まぁ、このタイム自体は青葉賞と比べても、あんまり意味はありませんが。
結果論で言えば、ペルーサのピークは青葉賞だったと言えると思います。

アドミラブルはペルーサの二の舞にならないのか?
アドミラブルがペルーサに比べて強調出来る点はあるのか、という設問です。
ペルーサは、ダービーまでの馬番は、3-3-4-2-9番です。
ダービーまでは、内枠の利を生かして距離ロスなく走っていましたが、ダービーでは
それが出来なかったのかも知れません。9番は真ん中なので、特に不利は無いでしょう。

アドミラブルは、青葉賞までの3戦の着差はペルーサよりも大きいです。
青葉賞でも、フラフラと子供っぽい走りでしたが、余力はあるように見えました。
その点ではペルーサより上の気がします。
アドミラブルのダービーまでの馬番は、5-6-3-10-18番です。
青葉賞では、12頭立ての10番という距離ロスを問題にしませんでした。
しかし、ダービーの大外18番はどう見ても不利です。
ダービーの優勝馬は、内側の馬番(1桁)から多く出ていますからね。
金曜にかなりの雨がありましたが、日曜までには回復するでしょう。
土曜の芝レースを一つだけビデオで見たけれど、内側が伸びてるようです。

一応、1着候補としては、スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、レイデオロ、
アドミラブルを考えています。
当日の馬場状態、人気を考慮して、上記の4頭から2頭を選んで3連単の2頭軸で買うか
3連複か、1頭選んで馬連か悩みたいと思います(笑)。
穴で怖いのは、3枠5番のクリンチャー。
皐月賞で不利な外枠から先行して粘り、4着と大負けしていません。

とにかく、直前まで悩みます(キッパリ)。
posted by さじたりうす at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

Webラジオ Pl@net Sphere(2017-05-24)#411

マジカルスフィアのラストワードは「ゴルフ」
あきぽん「マジカルスフィア、スフィアと言ったら、空」
みなちゃん「空と言ったら、緑」
あやひー「緑と言ったら、芝生」
ハルカス「芝生と言ったら、ゴルフ」
成功判定でした。何気に「空と言ったら、緑」がインチキ臭い。
皆さんの記憶が怪しい。
みなちゃん、プロゴルファーの石川遼と同い年、誕生日も同じ。違うのは血液型とか。

スフィアの近況について
あきぽん「ツアー直前という事で」
ハルカス「今、メッチャ仲悪いよ。美菜子が絶対怒ってるよ今」
あきぽん「あっははははは!」
あやひー「美菜子は朗読劇が終わって」
あきぽん「お疲れ様〜」
みなちゃん「ありがとう。あやひー、観に来てくれてありがとう」
朗読劇を観に行ったのは、あやひーだけの模様。

メールから「高垣さんのドライブプランは?」
あやひー「あたし、車に全く興味がないから」
バッサリ(笑)。
みなちゃん「ドライブに興味がない訳じゃないでしょ?」
あやひー「・・・うん・・・」
全く興味がない(意訳)、と申しております(笑)。
他の3人が必死にフォローした結果、あやひーの希望する車は
ちょっと大きくて、白っぽくて、ガソリン臭くなくて、海辺を走り、安全運転すること。
ほとんど空想の世界。

あやひー「車の人いいなって思うのは、インフルエンザが流行ってる時に電車に乗らなく
ていいって事と荷物が・・・」
あきぽん「彩陽らしい(笑)」
あやひー「荷物が多いから、運べるのは羨ましいと思う」
あきぽん「よく考えると、彩陽ちゃんの車の中、怖いね(笑)」
ハルカス「後ろの席に全部荷物を置いてそうじゃん」
乱雑になりそうなのは確か。

みなちゃん、冷蔵庫に収納するとか訳の分からない話を。

メールから「女が憧れる女」について。
ハルカス「髪が綺麗な人って憧れない?」
3人「分かる〜」
からの髪談義。
あやひー「あたし、荷物少ない女性も憧れる」
みなちゃん「だろうな(笑)」
からのあやひーのポーチ調査が始まる(笑)。
いつ買ったのか分からない物件があった模様。ツッコミどころ満載だな。
ハサミを持ち歩くのは如何なものか。共謀罪で捕まるぞ。

メールから「遠足の思い出」
あやひー、小学生の時に実行委員をやった事がある。
遠足に毎年名前を付ける習慣で「ハッピー遠足」だった。あやひー命名なのかな。
みなちゃんの遠足の場所は「しあわせの村」だった。
何だか怪しい宗教関係みたいな名前ですが、公園らしいです。
ハルカス「走り過ぎてケガした記憶しか無い」
あきぽん「何それ(笑)」
あやひー「今と変わってないよ」
確かに。
ハルカス、遠足の時に人に分けられるようなお菓子は持って行かない。
しかも、他人からは貰う。嫌な子だなぁ(笑)。
セカショフェスのロケ場所候補に「しあわせの村」が挙がる(笑)。
海外にして下さい。ハルカス、みなちゃんは自腹で付いていく宣言してますからね。

「Pl@net Sphere定点観測」
いつものお知らせ。

「ハニーアンドループス」のカップリング曲の話題から
あきぽん「山に登る事にハマッておりまして」
山小屋に泊まったり、結構本格的にやってるようです。
ハルカス「えっ?!そんな事やってんの?」
登山で先を越されたハルカス、驚いてます。
淡々と語るあきぽん。いちいち驚くハルカスが面白い。
あきぽん、メンバーにプライベートは話さないらしい。それが普通だけど。

MUSIC THEATER 2017に、TrySailが出てるのにスフィアが出ない不思議。
posted by さじたりうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | プラネットスフィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

主席ネズミ捕獲官(笑)。

「あやひごろ」(2017-05-24)が、まさかの黒猫ネタでした。
私も内容的には全然無関係ながら、黒猫ネタを書こうとしていたんだよ!
何というシンクロニシティなんだ。

ちょっと前にTVで「ヨーロッパ黒猫紀行」という番組をやっていました。
これは、ヨーロッパでは神秘的な黒猫の人気が上昇しているという事で、ヨーロッパ
で話題の黒猫を紹介していく番組です。
その中で、「黒猫は魔女の手先」として迫害された歴史も紹介しています。
特にフランスとかイタリアは、黒猫迫害を公認したカトリック教会の影響が強く、犠牲
になった黒猫も多かったそうです。
最近でも、保護猫の引き取りに関して黒猫は不人気なのです。なんてこった・・・。

イギリスでは、歴史的にカトリックの影響が薄く、黒猫への迫害は他のヨーロッパ諸国
よりは少なかったそうです。
そして、現在のイギリスには黒猫の公務員がいるのです。
官邸や官庁の建物は古く、ネズミの害が絶えないため昔から猫を飼いCHIEF MOUSER
(チーフマウサー)、つまり「主席ネズミ捕獲官」という肩書を与えてきたのです。
勤務時間まで書いてあります。こういう英国流のユーモアは好きだなぁ。
猫好きの間で、どの「主席ネズミ捕獲官」が可愛いかで盛り上がっているとか。
「主席ネズミ捕獲官」って、「みどりのマキバオー」に出てくる「国立ねずみ病院」と似た
ニュアンスを感じる(笑)。
ところで、この番組の案内人の吹き替えは、早見沙織さんなのもシンクロニシティ。
そして何と「黒猫のタンゴ」まで歌ってます。出来すぎだろ(笑)。

@首相官邸
20170525主席ネズミ捕獲官1.JPG
A外務省
20170525主席ネズミ捕獲官2.JPG
B財務省 就任1ヶ月でネズミ6匹捕獲の活躍
20170525主席ネズミ捕獲官3.JPG
C内閣府 黒猫の親子エディーとオジー
20170525主席ネズミ捕獲官4.JPG

高垣家の黒猫の名前は何でしょうか。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あやひー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

明日は、ちょっと大事な会合があるんです。

プライベートだけど、直接的には私個人の問題では無い。
無いけど、相手に上手く説明出来るのか、本質を理解してもらえるのか不安です。
後で恨まれても困るしなぁ。

うーん、何をどう話していいのか。
一応、打ち合わせはしたのですが、本当の事を淡々と言うしかない。
そして、相手の判断に任せるしかないという結論です。
相手は、自分が経験していない状況を理解出来るだろうか。
身内にしか分からない問題だけど、身内はここを見ていない(笑)。
もっと事務的に逃げる手もありそうだけど、それは無責任だろうし。

個人的な備忘録100%の内容ですいません。3年後に笑って読み返したいものです。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

ダービー、5日前予想(笑)。

オークスは、桜花賞1番人気で負けた(3着)ソウルスターリングの逆襲でした。
ところが、ダービーには皐月賞1番人気(7着)のファンディーナは出走しません。
ところで、ソウルスターリングには、ストーリーがありました。
無敗の怪物フランケルの初年度産駒で、騎手のルメールは、母馬にも騎乗して
フランス・オークスを勝っているというものです。
そして、藤沢厩舎の重賞100勝目は、まぁ付属ですが。

ダービーは、オークスと違って人気は混戦模様です。
皐月賞を勝ったアルアインは、母が短距離馬だし筋肉モリモリといった感じ。
調教師も皐月賞を勝った直後に「ダービーに向けて体を作り直す必要がある」と
言っていました。そんな短期間で2400m向きになるとも思えません。
直前になると、どうせ「距離は大丈夫」とか言い出す訳で、直前ではない時期に
本音が出ます。

皐月賞で、ダービーで想定される「追込み」で上位に来た馬は要注意です。
2着ペルシアンナイト
 勢いのあるハービンジャー産駒ですが、主戦デムーロ騎手に見捨てられたのが不安。
5着レイデオロ
 休み明けで皐月賞を使うという異端なローテーション。藤沢厩舎のダービーを取る
 という執念を感じます。追込みの脚は目立っていました。
6着スワーヴリチャード
 私の本命でした(涙)。やはり中山より断然東京向きです。共同通信杯は強い勝ち方
 でした。

今年の皐月賞はトライアル組が29年ぶりに連対しませんでした。
別路線組が強かった訳ですが、それをダービーに当てはめると、10年で7勝の皐月賞組
は疑問かも知れません。
逆に「ダービートライアル」と名付けられながら、1〜2着馬から一度もダービー勝ち馬
が出ていなくて、その存在意味が疑わしいレースが2つあります(笑)。
今年は別路線組がトレンドなので、そういうレースからの出走馬に注目です。

@プリンシパルステークス
 勝ち馬のダイワキャグニーは、4戦3勝ですが勝ったのは全て東京コースという馬なの
 で、チャンスはあると思います。キンカメ産駒だし。
A青葉賞
 ダービーと同じコース、同じ距離なので、まさに「ダービートライアル」です。
 駄菓子菓子、創設25年で優勝馬が一度もダービーに勝っていません(笑)。
 私は何度もこのレースの優勝馬を狙ったものですが、最近は真っ先に除外してます。
 青葉賞組が勝てないのは、4週間に2度2400mを走る過酷さが大きい訳ですが、今年の
 勝ち馬アドミラブルは、余力充分に見えたので上積みもあると思います。
 まぁ、こうやって買っては負けてきたんですが(笑)。

 この馬は初戦の惨敗後、ノド鳴り(競走能力が落ちる)という病気の手術に成功しています。
 そこから3連勝中ですが、タイムや勝ち方に大物感が漂っています。
 ソウルスターリングみたいにストーリー(病気を克服)もあります。
 デムーロ騎手だし、何だか1番人気になりそうなのが嫌ですが。

枠順未定ですが、今の段階では、アドミラブルを狙いたいです。
ですが、過去の青葉賞の勝ち馬を調べると、アドミラブルと似た成績の馬がダービー6着
だったので、ちょっと不安です。その馬との違いを見い出せるかが重要ですね。

馬券の買い方も、細かく考える所存です。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

先週の「あしたも晴レルヤ」と「ココロ☆ハルカス」(2017年5月3週)

「晴レルヤ」(2017-05-18)#345
セカンドショットフェスについてのお礼。収録はフェス前という恒例のパターン。
あやひー「ここで皆様に私からお知らせがありま〜す!」
7月から放送のTVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」のEDテーマをあやひーが歌う。
タイトルは「Futurism」で11枚目のシングル。8/2発売。
レコーディングは既に終了との事です。

メール紹介色々。
あやひー「もう、あたし今回思ったの!稽古中って、ホントに他の事に気が回らなく
なり過ぎちゃって。締め切りとか普段、大体いつも忘れがちなものを更に忘れちゃう
みたいな。不器用っていうか、頭が色んなところに働かないんでしょうね」
逆に一つの事への集中力が凄いという、そちらの方が大事な気がします。
あやひー「この3ヶ月間で培ったものがアウトプット出来たらいいなと思ってますので
頑張っていきたいと思います、お楽しみに!」

プレミアムフライデーは、絶滅危惧種から既に絶滅しました(笑)。
あやひー「我々の仕事には関係無い事だよね。まぁ、余暇を楽しもうって事も、よか
よかって事なんじゃないの」
「余暇」を読めなかったあやひー。声優さんの日本語力はこの程度なので驚かず(笑)。
あやひーの好きな曜日は、真ん中だから水曜日。

整理整頓が出来ないあやひー。
あやひー「「TARI TARI」のブルーレイのディスクが無いの。どこにいっちゃったの?」
「true tears」の1巻2巻も人に貸したままらしい。
違うディスクが入ったり、行方不明だったり、たりたり状態。

「あしたも晴れるさ!」
「激安のTシャツでピチピチ状態な人」からのメール紹介。
試着はしないらしいあやひー。
あやひー「ズボンの試着は面倒だから、ズボンは出来るだけ買わないようにしている(笑)」
ちょっと、何言ってるか分からない。

試着面倒くさい話から、突然の下着トークが始まる。
あやひー「ブラジャーって物によって違う訳ですよ。下着によって作りが違ったりする
から。実際に試着して、(店の)お姉さんに合わせてもらうのよ。ちょっと横乳(よこちち)
を持ってきて収め〜の、あの、ストラップを合わせ〜の、「あっ、ちょっと1カップ上げ
た方がいいかも」とか、そういう事を説明してくれる訳、ブラのプロが。それって時間が
かかるから。で、1回全部脱がなきゃいけないから上(半身)。それも結構時間かかるから、
エネルギーが必要」
「試着が大変」を説明するのに、まさかのブラ装着、横乳話(笑)。
真夜中に、アラサー女子のエロトークみたいになってる。あやひーママ激怒の予感。

「あ〜、よかった」
省略です。

「ココロ☆ハルカス」(2017-05-20)#215
こちらは、セカンドショットフェス終了後の収録。語る気満々のハルカス。
ハルカス「めちゃくちゃ、楽しかったです」
そりゃそうでしょ。

まずは、去年行われたソロライブツアーのブルーレイ発売の件。8/9です。
「戸松遥 BEST LIVE TOUR 2016〜SunQ&ホシセカイ〜」のパシフィコ横浜公演。
セカショフェスの感想メール紹介など。
ハルカス「やる前からあたしは、このフェスに命を賭けてるいるという話をね、ずっと
前からしておりましたから」
特に肉狙いはね。
ハルカス「もう、本気です。本気で臨ませて頂きまして」
清々しいくらいの本気、芸人戸松でした(笑)。

MVP賞の説明をするハルカス。賞の内容については知らなかったそうです。
ハルカス「とにかく私はまず、番組ロケ権と叙々苑の券をゲットしようと、可愛い可愛い
後輩ちゃん達が一杯出演している中で、まあー私は大人げなくですね、色んなコーナー
で、ホントに心の汚い部分を沢山(笑)ステージ上でさらけだしまして。私スフィアだった
よなと思いながら、結果チーム戦では1位が、あき・あやひチームが1位を獲得しまして。
あたしと寿美菜子のチームは3位で叙々苑の券を頂きまして」
1位の事を言う時、ちょっと不満そう。どこまで強欲なんだ(笑)。

ハルカス「一杯一杯、体を張った甲斐がありまして、何とわたくし、セカンドショットの
社長、小泉さんよりMVP賞を頂いてしまいました!やったね!これは私の物や!」
すげぇ嬉しそうなハルカス。実に分かりやすい。家電10万円購入権。
ハルカス「何ともバブリーで、打ち上げでも、こんな凄いの当たった事ないもん」
バブリー小泉だな。
何買おうか妄想するハルカス。最有力は冷蔵庫の模様。番組でロケとか妄想が止まらない。

「レンタル趣味レーション」は「登山」
最近、「登山」が多いな。「薬膳」から逃げてるな(笑)。
省略。

あやひーから横乳(よこちち)という言葉を聞くとは思わなかったです(笑)。

2017年05月22日

2017年オークス、、珍しく的中しました。

とは言え、また2着なのでワイドのみ的中で儲けは無いです(涙目)。
20170521オークス.JPG

NHKマイルCと今回で分かったのは、・・・・・・私は馬券が下手だという事でした(笑)。
人気薄の2着を当てているのに、大儲け出来ませんでした。
「1着を当てるのが競馬」という信念に固執して、実戦的な馬券の買い方が出来て
いませんでした。

現実に自分の狙った馬は2着が多いのだから、馬連とか3連複を買うべきなんですよね。
今度から、馬連、ワイド又は3連複をメインに単勝をおまけ程度に買うべきだな。
狙った馬が人気の場合は、配当がらみで3連単メインという事でも良いでしょう。

次週のダービーでも、自分の狙った馬が2着を想定します・・・それは辛いけど(笑)。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

勝ち馬を探せ!2017年オークス編。

「6日前予想」で、アドマイヤミヤビを指名しましたが撤回します(笑)。
理由としては
○前売り3番人気。桜花賞惨敗の割に人気がある
○16番枠。今の馬場では、大外回っての追込みは届かないと予想
○調教がモッサリし過ぎて相変わらず動きが鈍い

さて、今年の流れと今の馬場を考えると
○桜花賞、皐月賞が別路線組だったので、今回もそれを重視。
○東京芝コースは、真ん中より内が伸びる。1〜10番枠までを重視。
忘れな草賞を勝ったハローユニコーンとフローラステークスを勝ったモズカッチャン
で迷います。
両馬とも今年4戦ですが、トータル8戦のハローユニコーンは、軽い馬体重が更に
減少傾向だし、良馬場でのスピード競馬ではやや分が悪そうです。

そんな訳でモズカッチャンを3連単の1着固定で買いたいと思ってます。
G1に実績のないハービンジャー産駒ですが、前走で東京コースでの初めての重賞勝ち。
ならば今回、初のG1勝ちという流れだって充分にあり得るでしょう。
勝った前走と同じ1枠1番というのも、中団の内で我慢して、直線で抜け出すイメージ
を描けます。

1着固定なので相手は手広く買います。
人気薄では、ディアドラとミスパンテールを押さえたいです。
ディアドラは、やはりハービンジャー産駒ですが、桜花賞6着後に500万下を圧勝という
気の狂ったローテーションです。今年はこういう常識破りの馬が怖いです。
ミスパンテールは、キャリアが少ないので桜花賞4番人気で16着は気にしません。
人気落として激走する「オークスあるある」にも該当します。

いずれにしても、ハーツクライ産駒6頭とハービンジャー産駒4頭の戦いに注目です。
posted by さじたりうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

セカンドショットフェス(夜の部)の補足。

「おかえりらじお」で豊崎愛生さんが、セカンドショットフェスについて触れていた
ので、ちょっと思い出す部分もありました。
先日のレポを読み返すと、若干の抜けもあるので補足をしたいと思います。
20170513セカショフェス2017C.JPG

おからじでの豊崎語録。
「ゴー☆ジャスさんがチョー面白い方で、芸人さんに対してチョー面白いって、ある
 意味失礼なんですけど(笑)。すごいいい人で、しかも終った後で、はるちゃんがMVP
 賞頂いて、家電量販店で買い物10万円権をゲットしたんですけど、一説によると、
 それが一番いいんじゃないか説も浮上して、うっふふふふ。もう、普段のはるちゃん
 を知ってる私は、さして驚かないんですけど、きっと後輩含め、若い子は結構引いて
 たと思う(笑)。褒めてんだよ、何か彼女はね、肉と物がかかると捨て身に転がりがち
 で。最初に「戸松遥さん!」って登場する時に「何番戸松遥!27歳!東京都2回目!」
 とか言って出て来たんだけど(笑)。それは分かる人には分かると思うんですけど、
 宝塚の学校の試験がそうなの、すごい倍率で4回までしか受けられないの。前の方の
 お客さんは「はあっ?」みたいな顔してて(笑)。それを横目で見ながら「ヤバいな、
 アクセル踏みまくってきたな」と思ったら案の定、ずっと凄いテンションで、ずっと
 面白かった。凄いの、あれがワザとやってる訳じゃなくて、賞品がかかっているとは
 言え、あれが素なの(笑)。普段のはるちゃんなの、みんな面白いでしょ、あの子は凄い
 よ(笑)。それをあしらう同じチームのみなちゃん、負けじと「いや、そこ戦うところ
 じゃない」ってところで乗って行く彩陽さんも、全て普段のスフィアなの(笑)。
 そんな、はるちゃんが爆走してた中、終ってからゴー☆ジャスさんが「戸松さん、本当
 にありがとうございました」って(笑)。こっちこそ!って思いながら挨拶してくれて(笑)。
 メッチャいい人って思って。いやー、若干キレてもいい箇所が、私達4人に対して一杯
 あった筈なのに(笑)」

○後輩(TrySail)が、ハルカスにドン引きしてたのは、あきぽんの目にも明らかだった(笑)。
○ハルカスの挨拶は、宝塚ネタだったのか。関西人じゃないと分からないかも。
 単にテンションが高いのかと思ってた(笑)。
○ゴー☆ジャスさんがイベント中、ハルカスに厳しいと思ってましたが、それはハルカス
 を自分と対等の芸人として評価していればこそだった。終演後のお礼も、盛り上げて
 くれた事への感謝だったんだな。納得です(笑)。

おからじを踏まえて振り返ると
○TrySail
何だか元気が無かった、というかスフィア、いやハルカスに精神的に圧倒されていた
感じはしました。元々体育会系ではありませんし、リーダー的な人もいなかった。
ハルカスの異常なハイテンションが際立っていたのは事実ですが(笑)。

「ストラックアウト」での小芝居は「憧れの先輩に片想いする女子高生と付添の子達」
ヒロインが麻倉さん、他の2人が付添の子。憧れの先輩がハルカス。
プレッシャーかけまくるハルカスに対して、ゴー☆ジャス「後輩が伸びない」
麻倉「ああ、どうしよう緊張する。あんまり戸松先輩が喋ってくれなかったら、どう
しよう」
雨宮「昨日は楽勝って言ってたじゃん。大丈夫、上目遣いしてればチョロいって」
麻倉「好きなものとか分からないし・・・」
雨宮「サメだよ!サメ!」
雨宮さんの先輩への抵抗が面白かった。

最後の挨拶では
雨宮「先輩達の大きな背中を追って頑張っていきたいと思います(笑)」
夏川「あとは、まぁ、やっぱり先輩達が色んな意味で凄いなぁ、って思いました!」
もちろん、先輩達=スフィアです。
夏川さん、遠くから見てたらドレッドヘアーに見えた。上下黒のジャージーみたいだし
まるで、レゲエの人に見えたんですが(笑)。
寿「セカンドショットさんには、こんなに面白い番組と面白い人達がいるんだなと
つくづく思ったので、是非とも一杯聴いて下さい」
みなちゃん、ハルカスと無関係を装う(笑)。

あやひー、ラフィングライブにも出演か。えーと、クリスマスソング・アルバムは・・・。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

Webラジオ Pl@net Sphere(2017-05-17)#410

マジカルスフィアのラストワードは「お茶漬け」
ハルカス「マジカルスフィア、スフィアと言ったら、○○えん」
あきぽん「○○えんと言ったら、ハルカス」
みなちゃん「ハルカスと言ったら、ハルカスと言ったら、何でも食べる」
あやひー「何でも食べると言ったら、お茶漬け」
失敗判定でした。
最初のハルカスが酷かった(笑)。更新日は「お茶漬けの日」で永谷園が制定。
私の誕生日は「お茶漬けの日」だったのか(笑)。

メールから「慌てた時の失敗談は?」
SAOイベントでの松岡禎丞(まつおかよしつぐ)さんを持ち出すハルカス。
ハルカス「戸松さん、僕さっきの公演でタンクトップを前後ろ逆に着てましたって(笑)」
しかも、写真撮られてる。アフレコの時もやるらしい。
あきぽんによれば、つぐつぐとハルカスは似ているそうです(笑)。
あやひーは、最近ズボンを前後ろ逆に穿いた。

メールから「年齢確認された事ありますか?」
何故か、ハルカスはセーラー服着ても通る、という他の3人。
声優業界は、年齢不詳の人が多いという話に。
スフィアの写真を撮ってる女性カメラマンが、実年齢を言うと皆驚くほど若く見えるそう。
スフィアがTVで話題にされた時のテロップが「若手声優ユニット」だったそうで、あきぽん
が爆笑。

「Pl@net Sphere定点観測」
いつものお知らせ。

「もしもシアターif」
→もしもスフィアが、何にでも姿を変えられるロボットだったらで、コント。
スフィアのチェンジロボット演技。みなちゃんだけ人間マイケル。

1週間後に、ちょっと緊張するセレモニーがあるので気が重いです。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プラネットスフィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

第75期将棋名人戦七番勝負第4局。

5月16日、17日に岐阜市で行われました。
佐藤天彦名人(29)が挑戦者の稲葉陽八段(28)に142手で勝ち、対戦成績を2勝2敗の
タイにしました。これまでの4局全てが、後手番の勝ちです。
将棋は、統計的には先手の勝率が少し良いのですが、今回は異例な結果です。
今回も後手が一手損をして角交換、なのに先制攻撃出来る理屈が、素人の私には
さっぱりピーマンでした。

次回は5月26、27日に岡山県倉敷市で行われます。
ここでタイトル防衛にしろ奪取にしろ、王手がかかる事になります。
順番からは、後手番の稲葉八段ですが全く分かりません。
今までの内容からは、実力伯仲だし棋風も何となく似ている印象です。
何だか、フルセット(4勝3敗)になりそうな予感もします。

個人的には、振り飛車が見たいけど絶対無理でしょうね(笑)。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

「SECONDSHOT FES -Girls Members- 2017」(2017-05-13)

メルパルクTOKYO 開場17:30 開演18:30
20170513セカショフェス2017A.JPG
20170513セカショフェス2017B.JPG

セカンドショットが提供するラジオ番組の女性声優が集まったイベントです。
あやひー出演が決まってから応募して落選。
その後、ある方から発券前番号を譲ってもらって参加出来ました。本当に感謝です。
参加したのは夜の部です。
歌も無い緩いイベントでしたが楽しめました。
簡単にレポしますが、スフィア中心です(笑)。

夜の部は、チーム対抗戦を行い賞品をゲットします。
チーム分けは
@「戸松遥のココロ☆ハルカス」と「寿美菜子のラフラフ」
  戸松遥、寿美菜子
A「豊崎愛生のおかえりらじお」と「高垣彩陽のあしたも晴レルヤ」
  豊崎愛生、高垣彩陽
B「TrySailのTRYangle harmony」
  麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜
C「人生道でも飯田里穂」と「楠田亜衣奈・渡部優衣の気分上等↑↑」
  飯田里穂、楠田亜衣奈、渡部優衣
D「Pyxisのキラキラ大作戦!」
  豊田萌絵、伊藤美来
E「愛美とはるかの2年A組青春アクティ部!」
  愛美(寺川愛美)、山崎はるか
司会は、ゴー☆ジャス、井澤詩織、立花理香の皆さん。

チーム席は客席から見て、左(司会者側)から@〜Eの並びでした。
紹介は逆にE〜@の順でした。
豊崎「皆さん、おかえり〜」
(会場、おかえり〜)
豊崎「れぼりゅ〜しょん」
テンポがゆる〜いです。

高垣「こんばんは!〜。今回セカンドショットフェス初参加さしせて頂きます。
本日はお足もとの悪い中、本当にご来場頂いてありがとうございます。そんな
悪い時は晴れやかに作っていきましょう!よろしくお願い致しま〜す!」
(会場、拍手と歓声)
出演者で一番真面目な挨拶でした。
「本日はお足もとの悪い中」って初期のスフィアイベントの挨拶でよくありました。
一番最初のスフィアイベントの時は晴天でした。
その時はあやひー、「本日はお日柄も良く」とか言いだして、思わず心の中で
「結婚式かよ!」とツッコんだのを思い出しました。

戸松「ミュージックレイン所属戸松遥、芸歴11年!、2回目!」
(会場、拍手と歓声)
目をギョロつかせ挙動不審です。テンションが他の人の3倍はある(笑)。
ずっとこの調子でしたよ。賞品への欲望が丸出しで分かりやすい子供でした。
寿「こんばんラフラフ〜、よろしくお願いしま〜す、寿美菜子で〜す」
(会場、拍手と歓声)

チームA、Bに分けての対抗戦ゲーム。後半は個別チーム@〜Eによる対抗戦。
A:BDE
B:@AC
最初は声当てゲーム。
○Aチームが当てる声の人をクジで引く
○Bチームは舞台裏に引っ込み、決められセリフを7人が声がバレないように言う
○Aチームは何番が該当者かを当てる
Aチームは高垣彩陽さん、渡部優衣さんをハズす。
あまりの変声続きに
ゴー☆ジャス「(Bチームには)悪意を感じますね(笑)」

チームを入れ替えて行う。
戸松「肉かかってるから」
Bチームは、伊藤美来さん、夏川椎菜さんを見事に的中。
戸松「弊社の後輩です。事務所総動員ですから」
スフィア、大人げなく夏川さんを当てる(笑)。
因みに、伊藤さんを当てる検討の時、「何も発言しなかった(笑)」と暴露される。
戸松「ニュアンスだから(笑)」
まぁ、知ってる人に任せた方がいいよね、戦略的には。

次はジェスチャー対決。
○お題を一人だけが知ってて(スクリーンに表示)、チームの6人が順番に当てる。
○当てた人が次の出題者
これを制限時間内に繰り返して、的中数を競う。パスも認められる。
これもBチームの勝ち。13対7のほぼダブルスコア。
あやひーが短時間で全部当てたのは覚えてます(笑)。勘がいいよね。
Bチームのスタート前に、戸松「若いもんに負けるな!」
「カーリング」を知らない人がいたのが衝撃。

次は、○○が言いそうなセリフでしりとりをする。チーム対抗戦。
そのお題に合ったセリフかは、ゴー☆ジャスが判定する。
つまり、ゴー☆ジャスのOKが出ないと次の人に進めない。
その繋いだ人数勝負。
これは、11対10でAチームが一矢を報いる。

次から個別チーム対抗戦へ。
ハルカスの挙動が不審。変顔(かなり自主規制してます)とか、やたら親指立てる。
寿「ちょっとチーム変えてもらってもいいですか(笑)」
ゴー☆ジャス「今年一杯我慢して下さい(笑)」
一緒にお風呂入る人に嫌われたハルカス(笑)。

次は、「あっち向いてホイ」対決。
チーム総当たりでややこしいので省略(覚えてません・・・)。
記憶にあるところだけ。
豊崎「はるちゃんとやりたくないなぁ(笑)」
○対戦相手と最初に拳を合わせますが、あきぽんが常にクスクス笑う。
○特に雨宮さんとの対戦は顕著でした。負けた雨宮さんは机に突っ伏してました。
○あきぽんの「あっち向いてホイ」を言うスピードが他の3倍くらい遅い。
○あやひーが「最初はグー」を「あっち向いてホイ」の度に言ってた。
 直そうとしても言ってました。何かリズムがあるんでしょうね。
最終順位はCADの順だったと思います。
この段階で、あきあやチームに優勝の可能性もあるかなと漠然と思ってました。。

ラストは「ストラックアウト」
与えられた設定のお芝居をしながら、ボールで1〜9のパネルを打ち抜く。
打ち抜いた枚数と演技点の合計がポイントになる。
演技点は、MCの3人が1〜5点の札で決める。演技点は満点で15点。
相変わらずなテンションのハルカス。
ゴー☆ジャス「麻薬やってますか?(笑)」
やってません。脳内で似た物質を生成しているだけです(笑)。

お芝居は、ドラえもん的なヤツ(笑)。
あきあやの演技も唯一の15点満点で、まさかの逆転優勝!
演技点は、二人の声優さんの評価が分かれる事も多く、結構難題でした。
15点満点は凄い。あやひーはダジャレ言いつつ演技してました。
あやひーがストラックアウト、奇跡の2枚抜きを含めて3枚。これは最高枚数でした。
高垣ルーシーの投球練習が役に立ったとしか思えません。

セカショの社長が登場して、昼夜で一番活躍した人にMVPを授与。
「この方でしょうがないでしょう」と言う事で、ハルカスがゲット。
セカショの社長は、超ふくよかな体型だった。
総合順位は
1位 「豊崎愛生のおかえりらじお」と「高垣彩陽のあしたも晴レルヤ」
2位 「人生道でも飯田里穂」と「楠田亜衣奈・渡部優衣の気分上等↑↑」
3位 「戸松遥のココロ☆ハルカス」と「寿美菜子のラフラフ」
4位 「愛美とはるかの2年A組青春アクティ部!」
1位には、番組地方ロケ(海外含む)権
1位〜4位は、叙々苑お食事券
MVPのハルカスは、10万円分の家電購入権。

スフィアが全力で賞品を強奪していったフェスだった。来年もMVPは確定だな(笑)。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

オークス、6日前予想(笑)。

3歳牝馬にとっては初距離となる芝2400m。
ただ過去にはマイラーも勝っているので、あんまり血統云々は意味が無い気がします。
1番人気は間違いなくソウルスターリングでしょう。
ヨーロッパで14戦14勝(G1-10勝)の怪物フランケルの初年度産駒でもあります。
デビューから4連勝で臨んだ桜花賞では3着と負けましたが、敗因は道悪と言われて
います。今度は良馬場の見通しなので問題ないでしょう。

気になるのは
○3歳クラシックに実績のない藤沢厩舎
 →2004年の桜花賞を勝ったダンスインザムードのみ
 いつも馬なりの調教なのは、馬本位とも思えるけど、G1をがむしゃらに狙う感じには
 思えません。ハードな調教しないのが、あと一歩及ばない理由だと個人的には思う。
○主戦のルメール騎手が桜花賞前に「2000mまでは大丈夫」と発言していた
 →間接的に、2400mには不安があると解釈出来る。

まぁ、いずれにしても桜花賞1〜3着馬は押さえには必要です。
別路線組では、モズカッチャンとハローユニコーンでしょうか。
ここ10年の勝ち馬は、桜花賞組か直前に重賞・OP勝った馬です。
オークス2勝している、忘れな草賞のハローユニコーンは小柄なので馬体重が減らない
事が条件かな。道悪は上手いと思います。
今年は、フローラステークスを勝ったモズカッチャンが面白そうです。
このレースの勝ち馬からは、2010年にサンテミリオンが1着(同着)しています。
今年のクラシック戦線の「別路線組」のトレンドにも合いそうです。

今のところ、1着の狙いとしては、アドマイヤミヤビです。
桜花賞2番人気で12着と惨敗でした。
敗因は道悪にしても、走らなさ過ぎました。
テレビで見た時は、返し馬でも動きが鈍重で、レースもそんな感じでした。
桜花賞後は短期放牧に出してリフレッシュ。
2戦2勝の東京コースだし、距離伸びていいのは明らかです。
桜花賞を人気で負ける→人気の落ちたオークスで激走→やっぱり実力馬だった
は、「オークスあるある」パターンなので狙い目です。
ただ、やっぱり2人気とか3番人気になると嫌な気もします。

登録馬からは、ハーツクライ産駒6頭とハービンジャー産駒5頭の戦い(笑)。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

先週の「あしたも晴レルヤ」と「ココロ☆ハルカス」(2017年5月2週)

「晴レルヤ」(2017-05-11)#344
『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』の大千穐楽の御礼。
実際の収録は直前の模様。
セカンドショットフェスについて事前感想。

YGCBについて語るあやひー。
あやひー「歌稽古が始まったのが2/13、そうバレンタインの1日前だった。だから、3ヶ月
経ったんですね。本当に感慨深い。こんなに長く舞台をやった事がなかったので、ここ
まで密に皆と時間を共にして、作品に没頭するという事が、自分にとっても新しい経験
だったし。普段やらせて頂いているお仕事と舞台。舞台はイレギュラーというか非日常的
な事なんですけど、ここまで長くやってると、それが逆転して不思議な感じだった。
カンパニーにいない自分が不思議な感じがしちゃう程、ドップリだったので、ここからね、
終ってしまってどんな感情に私がなるのか、よく分からないんですけども」
来年は、もっと長期の公演も可能ですが。

YGCBの感想メール紹介色々。
あやひー、シアタークリエの話題の中で「特別な場所」と言いつつ「歌稽古で帝劇に通う
幸せ」とも発言。
スフィア初期のインタビューで夢として「帝劇の舞台に立つ」と言ってたので、帝劇への
憧れが本当は一番なんじゃないかな。
子供感を出すのに皆で話合ったそうです。大人が演じる子供ですから苦労も多い筈。
高垣ルーシーへの高評価は、あやひーにも伝わっているようで嬉しい。

YGCBの稽古について語る
あやひー「今回、お稽古中に挫折というか、こんなに自分ってダメだったんだって思う事
が一杯あって、こんなに愛してて、こんなにやりたくて、大好きなミュージカルだった
けど、自分には向かなかったんだな、きっとこの作品が私にとってミュージカルの最後
だな、こんな私に誰もやらせてくれる訳ないって、本気で思って、という時期があったん
ですけど、本番迎えたら凄く楽しくて、今は今度は4年空けたくない、ミュージカルやり
たいという気持ちが凄く強いですし。やっぱり、自分にとっては欠かせない世界だなと
改めて思ったので、立ち上がって前を向く気持ち気持ちという意味でも、この曲を聴いて
頂きたいと思います(Inner Galaxy)」
これが大千穐楽での挨拶の伏線だった。
挨拶での「ダメ人間」って強烈だったけど、あやひーを初めて知った観客は笑ってました。
あんなに素晴らしい歌唱や演技をした人なので、ジョークかと思ったんですよ。

「あやひとりぐらし」は「定番家庭料理」
小芝居で、あやひ妹登場。
もちろん、家庭料理を作る手順は絶対に無理なので、材料から料理名を当てるだけ。
あやひー「何年か前に、母の日だから料理するよって言ったのよ。なんか、逆に手伝われた
ら仕事が増えるからいいって言われて、断られてショボンとなって、出かけて帰ってきたら
妹がお母さんの料理の手伝いをしてたっていう事あったよね(笑)。ガビーンみたいな。
そんなこんなで、母の日の料理はしません(キッパリ)」
娘のやる気を削ぐ、あやひーママ。ママの愛情も深く屈折している。娘と似ているなぁ・・・。
貯金は、4520円になりました。ダービーで使おう(笑)。

「ココロ☆ハルカス」(2017-05-13)#214
ハルカス「ココハル的には、何と本日はセカンドショットフェスに出演させて頂きました〜」
結果を知って聞くと、腹筋崩壊ですよ。
ハルカス「もう、さぞかし沢山の叙々苑の券をゲット出来て。まぁ去年はTrySailの3人と協力
してですね、合計9万円分ですか、ゲットした訳ですけれども、今年はそれを遥に凌駕する
数の叙々苑の券と、そして何ともうロケ権まで本当にありがとうございました!(笑)〜」
ロケ権こそ年長組に譲ったけれど、MVPで家電10万円分と叙々苑の券をゲット。
今年は「TrySailの3人を蹴散らして」の間違いですね(笑)。
賞品への欲望丸出しのハルカス、とても分かりやすかったです。

メール紹介色々。
リスナーからの水族館の夜更かし会情報、登山ザック情報、映画情報など。
ハルカス、映画は「コナン」、TVアニメは「金田一少年の事件簿」にハマっている。

「Are You Lady??」
前回の「子供に、空はどうして青いの?」からの甥っこ話へ。
ハルカス「オバサンにはさせないと思って」
甥っこに「はるかオバサン」と絶対に呼ばせない決意のハルカス。
ハルカス「帰る度に、自分の事指さしながら「は・る・ちゃん」って教え込んでます」
甥っこは、珍獣でも見るかのようにハルカスを見つめるそうです。
甥っこは正しい。だって珍獣だもん(笑)。
問題は「長時間の正座で足が痺れた時の対処法」
省略です。

「笑顔の処方箋」
○戦隊ヒーローが
○満員電車の中で
○五月病になった
で、小芝居。
省略です。
スカルハ先生から「ココロ深呼吸」への落差が相変わらず凄いというか酷い。

「晴レルヤ」で来週重大発表があるそうです。CDかDJCDか「晴レルヤ」イベントか。

2017年05月14日

勝ち馬を探せ!2017年ヴィクトリアマイル編。

馬場が回復すると想定して、やっぱり5日前予想で取り上げたウキヨノカゼ(笑)。
この馬の戦歴は変わってます。
3戦目に東京芝1600mの重賞クイーンCを勝ってます。
この時は、先行して早目に先頭に立って、2着馬の追込みをギリギリ凌ぎました。
個人的には馬券も取ったし、桜花賞の穴馬と考えていました。

ところが、脚部不安で9ヶ月の休養となりました。
復帰後も芝1600mを中心に使いましたが、ほとんど2桁着順続きでサッパリでした。
調教師は何を考えたのか、夏の北海道で、芝1200mのレースを使いました。
ここを12頭立ての10番人気で勝ってしまいました。
後方から進み、3角から外をまくり直線早目先頭から押し切りました。
以後、この極端なレースパターンが定着します(笑)。
次の芝1200mの重賞も、13頭立て8人気で勝ちました。
そして、G1のスプリンターズSに出走。
ここも、同じようなレースをして3着と善戦しました。
この馬は、良馬場なら大体常にレースの上がり3Fの最速を叩きだします。
スプリンターズSでも、去年のヴィクトリアマイルでもそうでした。

もうちょっと前の位置に付ければ勝てるんじゃないかな、と外野は思います(笑)。
去年のヴィクトリアマイル7着後に骨折が判明。7ヶ月の休養です。
復帰後は、調教師は何を考えたのか、芝1600m〜1800mを使いだします。
芝1200mで好走していた馬をですよ。
芝1200mでは、ワンパターンの競馬しか出来ないので活路を求めた感じです。
そして、やっぱり早目に進出するレースをしたら、直線で止まりました(笑)。
やっぱり、後方からの追込みがベストのようです。
その戦法で何と、前走は芝1800mの重賞を勝ってしまいました。
これで、芝1200m、芝1600m、芝1800mの3つの重賞を勝った事になります。
近年は距離別に特化した使い方をするので、1200mと1800mの重賞を勝つ馬は
珍しいと思います。

調教師は、菊沢調教師←先週のNHKマイルで勝ちました。
騎手は、吉田隼←先週のNHKマイル2着馬の騎手。
という、何だか大仕事しそうな雰囲気はありますが(笑)。

やはり、追込みの利く馬場になるかが問題です。ダメならソルヴェイグのワイドかな。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

Webラジオ Pl@net Sphere(2017-05-10)#409

マジカルスフィアのラストワードは「コットン」
あやひー「マジカルスフィア、スフィアと言ったら、スフィアクラブ」
ハルカス「スフィアクラブと言ったら、部員」
あきぽん「部員と言ったら、みなちゃん」
みなちゃん「みなちゃんと言ったら、コットン」
失敗判定でした。
更新日は、語呂合わせで「コットンの日」

あやひー「コットンと言えば、我々的には美菜子だよね」
みなちゃん「そうだね、コットンと呼ばれてましたね」
あやひー「スフィアクラブの時のあだ名、役名」
福田監督が、勝手に命名したニックネームらしい。命名理由を聞いたあきぽんに対して
福田「えっ?普段、そう呼ばれてんじゃないの?」
それまで全然スフィアを知らなかったようです、福田監督。

近況について
あやひー、テンション高いな。名古屋に行く直前らしい。
「あやひごろ」をチェックしているあきぽん。
あやひー「地方行くと、アドリブが凄い事になってる」
アッキー、ご当地ネタも入れるからなぁ。
名古屋大千穐楽で、犬がCBに「ひつまぶしの時間?」って言ってた。

あやひー「GW感、あった?」
あきぽん「GW感、満載だったよ。でも、それで言うと、みなちゃんだよね」
みなちゃん「はい、行って来ました、ロサンゼルス」
ブログにもありましたね。
5日間休みがあると聞いてから3時間後には空港へ。凄い行動力だな。
3泊5日だったそうです。ロスで関西弁使いまくり。
ロス話色々。お土産のお菓子で大騒ぎ。
特にハルカス、「壁を舐めた時の味」って何だよ(笑)。
ハルカスは、GW前の一人旅。日帰りで栃木へ。日光とあしかがフラワーパークへ。
一人旅の自由さに目覚めたハルカス。

「Pl@net Sphere定点観測」
いつものお知らせ。

みなちゃん、ロス行くのにお金の心配は皆無なのね(笑)。それくらいは楽勝か。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プラネットスフィア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

4回目の『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』(2017-05-10)

日本特殊陶業市民会館ビレッジホール 開場12:30 開演13:00
20170510YGCB2.JPG
20170510YGCB3.JPG
20170510YGCB4.JPG

本当の最終公演という事で、名古屋の大千穐楽に行きました。
中川さんのアドリブが自由過ぎて、お芝居を壊す一歩手前な感じでした。
席は中心より右側という、過去3回と同じパターン。左側でも観たかった・・・。
アドリブ部分など気になった部分だけを書きます。

「ベースボール・ゲーム」
今回は、犬はルーシーの手を噛みませんでした。
ルーシー2回キャッチボールをした後で
ルーシー「あたし、上手くなったでしょ?」
首を振る犬。確かに、上手くなってません。
ワンワン鳴き、ボールを奪って退場する犬。
引っ込んだ舞台袖に向かって
ルーシー「ホントにお前は自由すぎるわ!」

ルーシーが正面を向いて一瞬バットを構えたのですが、左手が上にきてました。
持ち方が逆ですが、私が観た過去3回では気付かなかったなぁ。

「ルーシーのアンケート」
通常アンケート終ってからの犬(とルーシー)のアドリブがかなり長かったです。
犬がワンワンとアンケートパネルを指さし、ルーシーが解読して反応する。
ルーシー「ボールで遊んでくれるの?これ(アンケート集計)やらなきゃならないん
だけど」
軽くキャッチボールした後、犬が強く投げてルーシーの首の下に当たる。
更に次には、ルーシーのあごの下を直撃。
ルーシー「顔はやめなさいよ!」
ワンワンうるさい犬が退場。
ルーシー「ホントに、いつか覚えてなさいよ!」

その他。
「精神分析」の場面で、医師「外出中」になってた。いつもは「在院中」なのに。
位置的に分かってるCBが直すかと思ったけど直さなかった。気付かなかったか。
ルーシーのスカートを(他の人が)めくる場面が多かった。犬とサリーだけど。

「ルーシーのアンケート」とか、チャーリーと犬の場面で、犬が舞台の端にいる時の
犬の動きが目立ってしまいます。
アッキーファンがいちいち喜ぶので、役者さんもやりにくそう。
お芝居を壊す一歩手前です。
一歩手前でも壊していないのは流石と言うべきなのかな(笑)。
村井さんとかあやひーの素が一瞬でも出たのは残念です。
私が演出家だったら、終演後に役者(アッキー)に灰皿投げつけるレベルです。

カーテンコール
村井「今日は大千穐楽という事で、キャストの方から一言ずつ頂きたいと思います」
村井さんから、一番手に指名されたのは、高垣ルーシー。
あやひー「私から?(笑)」
村井「よろしくお願いします」
あやひー「改めまして、本日ご観劇頂き、そして大千穐楽を見届けて下さった皆様、本当
にありがとうございました!」
(会場、拍手)

あやひー「ルーシー役の高垣彩陽です。えー、そうですね、私ごとになるんですけども
私、このミュージカルが4年振りのミュージカルで、ずっとミュージカル大好きで憧れて
て、絶対やりたいと思ってて。4年の間が空いてしまって、でもこんなに素晴らしい作品に
関わらせて頂けて、ルーシーという役を頂いて本当に毎日幸せだったんですが、あのー、
お稽古の時の振り付けとか、お稽古での景色とかが、(本番)やりながらフラッシュバック
して、なんか不思議な感慨でやっていたんですが、稽古中に追い付かない事が一杯あって。
すごく皆にも迷惑かけたし、本当に大好きで憧れてたミュージカルだったけれども、「私
にはミュージカル向いてなかったんだ」ってすごく打ちのめされる日もあったんですけど。
もしかしたら私にとって、これが最後のミュージカルだって・・・」
(観客、笑う。私も笑った)
あやひーを初めて観たお客さんは、「この人、何言ってるんだ」と思った筈で、そういう
反応でした。
だって、抜群の存在感で、圧倒的な歌唱力と演技力を見せ付けられてますからね。
先の発言は、半ばジョークとして受け取られてました。
私は、「相変わらず、あやひーらしいなぁ」と思って笑っちゃいましたが。
本番中に、稽古の様子がフラッシュバックって何気に凄いなぁ。

このあたりから涙声だったかな。
あやひー「本当に思ってた時期があって・・・」
中川さんからハンカチを渡される。
あやひー「本当に私は、ダメ人間という言葉がピッタリだという・・・」
(観客、笑う。私も笑った)
あやひー「本番が近付いてきて、皆それぞれ悩む時期もあったと思うんですけど、私も打ち
のめされて、ダメ人間って思う日もあったんですけど、演出家の小林香さんを始め、本当に
温かいスタッフの皆さん、それで地方公演には一緒に来られなかったけれど、稽古場で振り
をつけてくれた先生、歌唱指導の先生、衣装やメイクの方も本当に沢山の方が支えて下さり
そして何より、身近にいるキャストがそれぞれの形で手を差し伸べてくれて、そして最後に
本番が始まって、お客様の拍手や笑い声が、私をルーシーにしてくれて(涙)、本当にありが
とうございました」
(会場、拍手)
「お客様が私をルーシーにしてくれた」って鳥肌が立つようなお言葉でした。
私も後半は、ちょっとウルウルしてしまった。

あやひー「あのー、皆さん(私がミュージカルに)向いてないかなと思う時もあるかもですが
やっぱりミュージカル大好きなので、またいつかミュージカルのステージで皆さんとお会い
出来る日を目指して、頑張って生きていきたいと思います(笑)」
(会場、拍手)
あやひー「ちょっと待って(笑)。今日このミュージカルは終ってしまうけど、チャーリーの
最後の方のセリフにある通り、今日も悪い日じゃなかったって振り返った時に、私達の事、
そしてこの作品の事を、日常で少しでも心に置いて頂いて、思い出して頂けたら幸いです。
是非、明日からの素敵なHappinessな出来ごとが、一杯皆さんにありますように。本当に
ありがとうございました!」
(会場、拍手)

中川「今のって引退宣言?(笑)」
あやひー「違います、違います!(笑)」
村井「(ミュージカルで)待ってるよ」
あやひー「ありがとう!(笑)」
(会場、拍手)

すいませんが、他のキャストの挨拶は省略です。
あやひーの挨拶のインパクトと長さの前では、他のキャストの挨拶が霞んでしまいます。
ただ、中川さんが挨拶で、稽古の話をした中で
「でも、僕が今回凄く感じたのは、ミュージカルシーンで新たなウェーブが起ころうとして
いる。人達が生まれようとしている、もう生まれてきているんでしょうけど、そういう方々
と一緒に共演出来る機会って、中々自分では掴めないなと。こういうチャンスを与えて下さ
った方々に感謝します」
これは、あやひーの事をかなり意識した発言と受け取りました(笑)。

あやひーがダンスで苦労したのは、色んなところで語っています。
でも、そのための稽古だし、最終的にはキレのあるダンスを披露してくれました。
あやひーはミュージカルを愛しています。
いや、愛し過ぎているが故に、自分に課すハードルも高くなっています。
だから、稽古で少しでも出来ないと、「自分はミュージカルに向いてない」などと必要以上
に落ち込んでしまうのです。
ファンから見れば「一番ミュージカルに向いてる人が何を言ってるんだ」という感じです(笑)。

こういう、あやひーの屈折した感情の例は他にもありました。
カバーミニアルバム「melodia3」発売の時でした。
雑誌「ハンナ」でのインタビューです。
−今回の曲目の中で一番思い入れのある曲はどれですか?
 「On My Own」です。ミュージカル『レ・ミゼラブル』が大好きで、実はオーディションも
 学生時代から何度も受けていたんです。だからこそ、大切にしすぎてなかなかこの曲を収録
 しようと思えなかったというか、歌う自分が許せなかったようなところがあったのですが、
 踏ん切りがついたというか、「次は絶対歌おう!」と思えたんです。何年分もの想いが詰ま
 った 一曲になりました。
「歌う自分が許せなかった」って、屈折し過ぎてます。
「晴レルヤ」でも、「自分は、まだこの曲には相応しくない」と考え、収録をしなかった経緯
について語っていました。
「こじらせ女子」というか「めんどくさい女」です。
でも、そういう葛藤を乗り越えて進んでいく謙虚で真摯な姿に、ファンは魅力を感じるのも
事実なのですが(笑)。

今回の挨拶は、あやひーのミュージカルへの狂おしいまでの気持ちが、溢れ出てしまったよう
でした。あやひーには、もっともっとミュージカルへ出演して欲しいものです。
今回の好演で、その機会が広がる事を信じています。

あやひーの挨拶を聞けた(見た)だけでも、名古屋に行った甲斐がありました。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あやひー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』についてのまとまらない雑感。

大千穐楽の感想は明日にします。
終ってしまったYGCBの余韻に浸っています。甘美な時間でもあります。

一番最初に、あやひーがこのミュージカルへの出演を知った時の感想は、正直言うと
微妙なものでした。だって、2.5次元作品ですよ(笑)。
原作は超有名で世界的に知られた作品なのです。
当然、日本にも原作原理主義者が多数いる訳で、色々と文句言われそうだなと。

あやひーが『ZANNA』以来、約4年振りの念願のミュージカル出演なので大いに祝福し
喜んだのも確かです。
私の中で、ルーシー(の声)は、あやひーにピッタリで即座に脳内再生出来ました。
でもそれは、アニメ的なイメージであって舞台となると話は別です。
最初にチラシの舞台衣装写真を見た時は、「全員何か違うなぁ・・・、犬の役割は?」
みたいな印象でした。

それがまさか、あやひーがあんなにもルーシーそのものだなんて。
それを予想出来なかったのは恥ずかしい限りですよ。
だって、あやひーのミュージカル役者としの才能をあれほど評価していた私ですから
ね(笑)。もう、あやひー以外のルーシーは考えられないです。
このミュージカルの作品としての成功は、ルーシー役をあやひーに決めた時に約束
されたと思います。
決して、犬役を中川さんに決めた時じゃない(笑)。

つまりは、『ZANNA』であやひーの才能・個性を知っていた小林香さんの功績です。
posted by さじたりうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あやひー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする